石野卓球のDJセットがカッコ良すぎてマンモスうれP

カルチャー

takkyuuuuuuuu

テクノシーンに詳しい方には、何を今さらと一蹴されてしまいそうなのですが、最近、石野卓球さんにドハマリしてしまいました。

電気グルーヴのメンバーと言った方が伝わるのかなという気もしますが、まぁ一応、卓球さんをご存知無い方のために、少しご紹介をば。

 

石野 卓球(いしの たっきゅう、1967年12月26日 – )は、日本のテクノミュージシャン、シンガーソングDJ、グルーヴ歌手、音楽プロデューサー。

静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。

実家はパン屋だが、父親は土木業を経営する。血液型はO型。左利き。包茎。ドM。納豆と高所が苦手。お笑いと映画以外の趣味は、強いて言えば「爬虫類の飼育」や「フィギュア収集」など。

芸名の由来は中学時代の所属部活動から。運動部に所属すれば自転車通学が許可されていた為、所属はしたものの完全なる幽霊部員だったと語っている。

小室哲哉所有のフェラーリに、自身の性器をなすりつけ「ここから腐るぞ」と言った。

中学生時代に 〜割愛〜 アヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らす様になる。この当時、卓球の実妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の詩を書き、コンテストで入賞している。

(Wikipediaより一部抜粋)

 

『いやいや、何書いとんねん』と突っ込みたくなりますが、こんなに読んでいて面白いWikipediaのページを初めてみました。

Wikipedia – 石野卓球( https://ja.wikipedia.org/wiki/石野卓球 )

 

そして、今回、卓球さんにハマるに至った経緯が下記の動画です。

タワーレコードのCM動画ですが、音楽について語る卓球さん。

何と言うか、まず面白いんですが、どの語りも的を得ていて、ストレートで、

『あぁ〜、この御前が織り成す、音楽のハーモニーを聴いてみたい』
と思わされました。

 

コンピューターっていうのは、たまに言うことを聞いてくれない瞬間ってのがあるんですが、
そういう時は自分なりに、テクノロジーがまだ自分に追いついていないんだな、と思うようにしています。

名言ですねwww

 

で、そこから色々ネットで情報を物色していたのですが、卓球さん、海外のテクノシーンで相当な評価を受けているんですね。

野外パーティーでは有名な、ドイツ最大の(よくよく調べると世界最大規模とありました)、ラブパレードのトリ(100万人の前でのプレイ)まで経験していると。。

これ、相当凄いですよね。

テクノミュージックは、日本ではどちらかと言うとアングラなジャンルですが、発祥の地であるヨーロッパで評価されるなんてのは、ほんと名誉なことだと思います。

日本でチンケな競争に巻き込まれずに、自分の好きなフィールドでやっている卓球さん。
ほんとカッコイイと思います。

 

さてさて、それでは、YouTubeで見つけたDJセットを2つだけ貼り付けます。

『およよ、かっちょいいやん!』

と思われた方は、どうぞ動画検索してみてください。

 

 

こんな記事もよければどうぞ!

プロフィール

niki

age
30+
gender
male

なんやかややっています。
趣味・日常・仕事のことなどを書いています。

© COPYRIGHT 2016 niki weblog