3日連続で寝違えたので、テンピュールの枕を買ったところ、死んだような眠りにつきました

日常のこと

pillpow

表題の通りですが、今まで使っていた枕が悪いせいか、3日連続で寝違えて、首から肩甲骨にかけて最悪な状態になってしまいました。

ここまで来ると、痛いとかそんなレベルではなく、マジで吐きそうです。

これで病院なんかに通い出すと、時間は掛かるだろうし、何より気分が滅入ってしまいそうなので、自然と頭に浮かんだ、『テンピュールの枕に変えれば、改善されるんではないやろか

ということで、早速買い換えたところ、死んだように快適に眠れました。

今朝ふっと起きて、にんまり笑いながら、つま先歩きで天使が跳ねるような気分で、コーヒーを淹れてこの記事を書いています。

寝違えだけでなく、『たくさん寝たのに、疲れがとれない』といった方にもオススメできる枕だと思います。

 

個人的に思う寝違えた原因

原因は色々あるかと思います。

  1. 横向きに寝るクセ
  2. デスクワーク主体による、完全な運動不足
  3. 運動不足による、筋力の低下
  4. ストレス
  5. 枕が悪い

順番に行ってみましょう。

 

横向きに寝るクセ

誰でも一番しっくり来る、寝る姿勢があるかと思います。
僕の場合は、圧倒的に横向きに寝る機会が多いのですが、自分の肩幅と枕の高さがあっていなければ、物理的に首の骨が歪んでしまうことは言うまでもありません。

仰向けに寝ることが、姿勢としては一番良いのかな、と思いますが、横向きが気持ちいいんだから仕方ありません。

 

デスクワーク主体による、完全な運動不足

僕は個人で自宅で仕事をしていますが、大半をパソコンの前に座って過ごしています。

力仕事はほぼ皆無で、3日くらい家から一歩も出ないことも然程珍しいことではないので、血流環境は最悪だと思います。

 

運動不足による、筋力の低下→姿勢の悪化

上記の通り、圧倒的に運動量が少ないので、筋力はかなり低下していると思います。
以前は、たまに筋トレをしていた時期もありましたが、忙しい時期になったりして、食べることもままならずといった時は、筋トレなんかしている場合ではありません。

ちなみに一時、職業柄の自身の姿勢を気にしていたことがあり、知り合いの整体師の人に相談したことがありました。

僕は小中高とスポーツをしていたので、体格は割と良く、筋肉もついている方なのですが、プロの目から見ると、

背筋は十分にあります。ただ、腹筋がかなり弱っているので、頭を支えることができずに猫背になっています。

と指摘されたことがありました。

 

ストレス

意識しない部分で、このストレスも結構悪さをしている気はしていました。
特に最近は腹の立つ仕事が多かったもので。。

何というか、身体の中が淀んでいる、といった感じでしょうか。
血流のこともあるかと思いますが、それ以上に負のエネルギーが停滞していたのかもしれません。

 

枕が悪い

今回のメインテーマですが、まぁ、これが一番の原因だと思います。
安物の枕を3年くらい使って、完全にヘタっていたので、買い換えるには丁度良いタイミングと言えました。

 

いざ、テンピュールの枕を買いに

テンピュール。
名前は知っていたんですけど、何かブルジョア階級の匂いがして避けていたんですね。

『寝づらい?』
『ニッポン男児が何を腑抜けなこと言うとるんじゃい!』

的な思いを持っていたのですが、今回はあっさり東急ハンズに足を向けていました。

 

「専門のスタッフが貴方の快適な眠りをサポート」

平日夕方前の中途半端な時間に売り場に行ったせいか、ガラすきーで見ることができました。

ただ、壁一面に30〜40種類の枕が陳列されており、とても選べる気がしません。
うつ伏せで眠る用の枕なんてものまであります。

 

しかし、やはりお値段・・・高い。
15,000円〜なり。

そして、近くにいたスタッフのお姉さんに、いろいろと条件を説明したところ、あっさり2種類に絞り込まれました。

ドッシリ硬めのタイプ or ホテルの枕のようなふかふかタイプで、高さが一番高いもの。

 

そして当然、売り場には枕以外にマットレスもあり、実際に横になって5、6回双方を試させて戴きました。

横向きに寝るには、前者の硬めのタイプがしっくりきましたが、たまには仰向けに寝ることもある僕は、結局、ホテルタイプのものに落ち着きました。

ただ、正直、この段階では半信半疑のままの購入となりました。

もともと枕を買い換えるつもりでしたし、まぁ、最悪、大したことなくてもいいか、と。

 

ついでなのでマットレスのことも聞きました

マットレスは最低ラインが15万円〜などと、暴力的な価格なので買う気は当然ありませんでしたが、お姉さんが丁寧に説明してくれたので、試しに聞いてみることに。

ただ、詳しい内容は忘れました。(すみません)

NASAで開発されている〜』『人間の体温にのみ反応する反発素材〜

あんまり凄い内容だったので、テンピュールさん、その内「猿の惑星」のような、人間を冷凍保存するようなベッドまで作りそうな勢いでした。

テクノロジーの結集。

 

ただ、その中で『すげぇ!』と思った機能は、マットレスにわずかな振動を付ける機能があるタイプ。

よく電車やバスに揺られて、ついついウトウト。。
ほんのわずかな時間しか寝ていないのに、目覚めてスッキリ。
てな経験は誰でもあると思います。

なんと、テンピュールさん。
この原理をマットレスに実装したそうな。

さすがにこれは売り場で体感することはできませんが、『なるほど』と思う機能です。

乗り物の中で、座った状態であのような睡眠を得ることができる訳ですから、完全にベストな体勢であの環境を再現されたら、想像するだけでヨダレが止まりません。

 

さて、そんなこんなで、大人の衝動買いをしてしまったワタクシでしたが、その高級枕を使って一晩寝ました。

pillpow2

そして起きました。

そして唖然としました。

 

眠る。そして、すみません。なめていました

その枕を使って眠り、そして今朝起きた訳ですが、まぁ寝違えただの違えてないだの、なんてものではありません。

 

死んだように眠りました

 

そこは深海。
いや、宇宙でした。

 

爆睡もいいところで、最近特に寝不足だった訳ではありませんが、まさに徹夜明けにここぞと眠り、翌朝スッキリ目覚める、あの感覚に近いものでした。

そして起きてから、昨日売り場のお姉さんが仰っていたことが思い返されました。

 

寝返りを打つことで脳が覚醒してしまう

(睡眠時の寝返りについて)目を閉じて眠っているものの、寝返りを打つことで脳が一度起きてしまい、深い眠りを得ることができません。

枕がご自身に合ったものでないと、必要以上に寝返りを打ち、結果たくさん寝ても眠い・疲れが取れない、といったことになります。

 

なるほど、と。

確かに、目覚めた時に、枕がほとんど乱れていません。

僕は枕カバーを使わず、バスタオルを巻く派なのですが、これまで夜中に起きてタオルを整えるといったことが結構ありましたが、この有様です。

つまり、宇宙を経験していた動かぬ証拠になりますね。

s_MG_9524

ふかふかの柔らかいタイプを購入しましたが、この柔らかさ加減というものが、良い感じで沈んでいってギリギリの所で、フッと持ち上げてくれるくらいの塩梅です。

記念すべき初夜でしたので、まずは仰向けを試してみたのですが、仰向け時のポイントは、「肩甲骨上部あたりから頭」を枕に乗せる感じです。

首まで布団をかけ、腕組みをしながら横になっていると、足元からジワジワジワっと、心地よい入眠の波が押し寄せてくる。。

完全に脳内でα波が出まくっていますね。

その後、記憶が完全に無いことは言うまでもありません。

 

まとめ

以上がテンピュールの枕を購入して、実際に使用してみた感想です。

別にこれ以上書いても、実際に体感しなければ分からないことだと思うので今回はこの辺りで。

ただ、「よく寝違える・眠りが浅い」など、眠りに関することでお困りの方は、一度試す価値は十分にあるのではないだろうか、と。

他にもイビキ防止や、睡眠時無呼吸症候群にも良いとされるタイプの枕もあるようですので、該当の方にも一考の価値はあるかと思います。

 

朝スッキリ目覚めることで、1日より集中して仕事に取り掛かることができますので、結果、非常に良い買い物をしたと思っています。

ただ、この枕が無いとどうなるかを考えると、いくばくかの不安は残りますが・・・
慣れは怖いです。

とにもかくにも、自己投資としては万々歳な結果となりました。

それでは、快適な安眠生活を!

こんな記事もよければどうぞ!

プロフィール

niki

age
30+
gender
male

なんやかややっています。
趣味・日常・仕事のことなどを書いています。

© COPYRIGHT 2016 niki weblog