iPhoneカメラで撮影した写真はプライバシーが筒抜け?Exif情報について

ガジェット

どうも。
最近ようやくiPhone 6sに乗り換えたのですが、特にカメラ性能の向上にとても驚いている管理人です。

今回は、iPhoneで撮影した写真について、設定をしっかり行っていなければ、個人情報が筒抜けになってしまうといった少し怖い内容と、その対処法について書いていこうと思います。

 

Exif情報について

いつでもどこでも手軽に写真を撮れる便利なスマートフォンのカメラ。
インスタグラムやフェイスブック、ツイッター、LINEといったSNSの人気も相まって、気軽にみんなと写真をシェアできるようになりました。

しかし、こういったデジタルカメラで撮影した写真には、Exif情報というデータが自動的に記録されます。

friends-girls-cell-phone-selfie-sunglasses-blonde

 

Exif情報とは、撮影した写真に関するさまざまな情報の集まりのことで、iPhoneカメラで撮影した写真には、もれなくこのExif情報が記録されます。

さまざまな情報とは、撮影日時や画像のサイズはもちろん、どんな機種のカメラを使い、どんな設定で撮影したかなどの細かい情報を指します。

本格的にカメラを楽しむ人にとっては便利な機能なのですが、取扱いに気を付けなければいけないものに、GPS情報があります。

 

ExifのGPS情報

Exif情報に含まれるデータには、GPS(位置情報)も含まれます。
そして、このGPS情報はパソコンなどのツールを利用すると、その写真がどこで撮影されたかが分かるようになります。

実際の様子は↓のような感じで、具体的なマップまで表示されます。

img

 

これって、とても怖いことだと思いませんか?

安易な気持ちでネット上に自撮り写真などをばら撒いていると、まったく知らない人から、下手をすれば自宅の住所まで嗅ぎ付けられかねません。

特に若い女の子は狙われないとも限りませんよね。

12309810583_1d1d5a0fa0_c

 

主要SNSにアップした写真のExif情報について

インスタグラムやフェイスブック、ツイッター、LINEといったSNSについては、写真をアップした時点で自動的にExif情報が削除されるシステムになっています。

個人情報において最も危険性のあるGPS情報は削除されますが、一部のExif情報については残る場合があります。
詳細はご使用のバージョン等をご確認の上、各種SNSの公式サイトよりご確認ください。

 

iPhoneの設定であらかじめGPS情報が記録されないようにしておこう

スマホカメラで撮影した写真もSNS上では(一応は)安心ですが、何かのきっかけで携帯の中の写真が公の場に流出しないとも限りません。

そこで、iPhoneの設定から位置情報が記録されないように、あらかじめ設定を行っておきましょう。

 

iPhoneの位置情報の設定

設定はすぐに終わります。
[設定] – [プライバシー] – [位置情報サービス] から確認と変更が行えます。

画面を開くと↓のようなページになるので、[カメラ]の部分を[許可しない] に変えておきましょう。

e

 

おわりに

専門的なことに詳しくない人でもスマートフォンを持っていれば、誰でも気軽に世界とつながれるようになりました。

しかし、それは同時に悪い人たちとの距離も縮まったことを意味します。

便利で魅力的な製品やサービスを開発する企業は、こういった危険性の部分もしっかりとフォローして欲しいですね。

それではまた。

こんな記事もよければどうぞ!

© COPYRIGHT 2017 niki weblog