Macパソコンでコピペ作業が超絶便利に!おすすめアプリClipy

仕事のこと

clipy

パソコンでコピペ(コピー&ペースト)を行うことは頻繁にあります。

特にインターネットで検索する際などは、他のページに記載している内容を一旦コピーして、検索窓にペースト、といった工程を行う機会がよくありますね。

ただ、ペーストできる内容は、直前にコピーした内容、つまり直近1回分のものに限られるため、「あぁ〜、さっきコピーしたのに何度も面倒だな」と感じることはないでしょうか?

今回、そんな時に便利な無料のアプリをご紹介したいと思います。

 

無料アプリ!便利なClipyについて

Clipyは一度コピーした文字を記憶し、再び履歴の中から呼び出してペーストできる超絶便利なアプリです。
(※Mac限定のアプリです)

以前はClipMenuというアプリでしたが、開発がストップしMacのバージョンとの相性が悪くなってきたため、別の開発者様が改良を加えて、Clipyという名で再リリースされました。

無料で便利で、と拝まずにはいられませんね。

 

ダウンロード&インストール

導入は至って簡単です。

下記公式サイトから、自分の使っているパソコンのOSバージョンにあったファイルをダウンロードします。

Clipyのダウンロード

 

ちなみに、お使いのパソコンのOSバージョンを確認する方法は、下記の記事に書いています。

MacパソコンでOSのバージョンを確認する方法

 

設定方法

設定方法はとても簡単で、結構カスタマイズすることもできます。

デフォルト状態でも十分に使えますが、今回は便利に使う上で最低限必要なセッティングだけ行いたいと思います。

 

Clipyのショートカットを割り当てる

このアプリを利用するからには、キーボードを叩いて文字を打ったりする訳ですから、すばやくコピーした内容の履歴を開けることが肝要になります。

そこで、自分の使いやすい配置でショートカットを割り当てます。

 

まず、Clipyのメニューから【環境設定】を開き、【ショートカット】のタブをクリックします。

すると、3つのメニューへとアクセスできるショートカットを割り当てられるようになります。

当然あとからでも変更はできるので、ひとまず【メインメニュー】のところをクリックし、自分が覚えやすいキーの配列を直接打ち込みます。

 

僕は他のソフトなどでショートカットをたくさん設定しているので、競合・混同しないように、あえて少し変な位置でセッティングしています。

【command】+【option】+【shift】+【J】

といった感じです。

この辺りはご自身で使いやすいようにセッティングしてみてください。

さいごに

インストールしたての頃は、慣れるまでほんの少しだけ時間が必要でしたが、今となっては無くてはならない神アプリです。

恐らくコピペは最も多く使うコマンドだと思うので、とてもありがたいですね。

個人的にはオンラインショップなど入力フォームの記入事項を埋める時に、住所やメールアドレスを一気にコピーしておいて、これまた一気にペーストするなど、かなり横着な使い方をすることもあります。

やっぱり便利な機能はとことん使っておきたいですね。

今回は以上です。
お疲れ様でした!

こんな記事もよければどうぞ!

プロフィール

niki

age
30+
gender
male

なんやかややっています。
趣味・日常・仕事のことなどを書いています。

© COPYRIGHT 2016 niki weblog