不要ファイルは消去!ワードプレスのリビジョンを停止・削除する方法

ウェブ

wordpress-revision

ワードプレスでブログ記事を書いていると、文章の言いまわしを変えてみたり、足りない説明を補ったりと、何度も何度も内容を修正します。

そんな過程でうっかり消してしまった内容なんかを復元できる「リビジョン機能」。

一見便利な気がしていましたが、今となっては不要どころか、必要以上にデータベースを圧迫する厄介なシロモノだと思っていました。

img01

トータルで見ると、記事を復元する機会などそうそうありません。
パソコンのハードディスクにしても言えることですが、データベースにだって不要なファイルがたくさんある状態は好ましくありません。

僕は複数のワードプレスのサイトを持っているので、他のサイトへも使いまわしできるなと感じたので、記事に残しておきたいと思います。

 

ワードプレス本体側でリビジョン機能を停止させる

リビジョン機能をストップさせるには、wp-config.php を修正します。
FTPでファイルの上げ下ろしを行います。

下記コードを『/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */』より後、『require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);』より前に記述します。

 

 

プラグインを使って蓄積されたリビジョンを削除する

さて、これでワードプレス自体でリビジョンが停止されるようになりました。
続いて、今までに溜まったリビジョンを削除します。

データベースを直接触る方法もありますが、僕は過去にデータベース編集で手痛い目にあったことがあるので、ここはプラグインに頼りたいと思います。

まぁ、上記のコードをphpファイルに記述しておけば、以降リビジョンは蓄積されませんので、このプラグインも1度使用するだけで良いと思います。

 

Better Delete Revisionを使用する

インストールの方法は割愛します。

リビジョンの削除実行は、管理画面 > 設定> Better Delete Revision
より行います。

 

リビジョンを確認&削除する

プラグインの画面に入り、『Check Revision Posts』のボタンを押します。

img02

すると、どひゃーっと今までのリビジョン一覧が表示されます。
この中に大切な情報は一体どのくらいあるのでしょうか?

img03

とにかく、ためらいなく『Yes, I would〜』の青いボタンをクリックします。

すると、削除されたリビジョン数が表示されます。
ただ、まだここで作業は完了していません。

img04

 

データベースを最適化する

最後は仕上げにデータベース内の最適化を行います。

もう一度プラグインのページに入り直して実行します。
別に難しいことは考えず、ボタンを押すだけです。

img05

 

簡単ですね。
以上がワードプレスのリビジョンを停止し、削除する方法です。

最近僕はワードプレスサイト新設時に、あらかじめwp-config.php で制御をかけているので、プラグインを使う必要もありません。

 

何事も要らないものを溜め込んで良いことはありませんね。

あ〜、部屋の掃除をしなければ。。

 

【参考にさせて戴いたサイト】
wordpressのリビジョンと自動保存を停止、回数制限する方法

こんな記事もよければどうぞ!

プロフィール

niki

age
30+
gender
male

なんやかややっています。
趣味・日常・仕事のことなどを書いています。

© COPYRIGHT 2016 niki weblog