Yahoo!ショッピングに出店したけどデメリットが多すぎるので即退会した時のこと

ウェブ

online-shopping-christmas-shopping-cart-shopping

『タダほど高いものはない』といったことわざがありますが、無料開放されたYahoo!ショッピングを利用してウンザリする目にあったので、デメリットの部分を書いておきます。

べつに極端にディスるつもりはありませんが、気楽な感じでやるにはあまりにストレスが溜まると思います。

 

集客力のあるモール型のネットショップ

数年前からYahoo!ショッピングの月額利用料が無料化されて、ますます気軽にネットショップを利用できるようになりました。

ネットショップといえば、今回のYahoo!ショッピングの他に、楽天やアマゾンのような巨大ショッピングモール型と、カラーミーショップや、BASEあたりの独自ショップが近年の定番となっていますよね。

ショッピングモール型は強い集客力と引き換えに、月額の固定費や、商品が売れた時に発生する販売手数料が高いことがネックとなりますが、Yahoo!ショッピングは、ひとまず毎月のノルマが無いとのことで、1年ほど前にとりあえず登録だけということでアカウントを作成していました。

※Yahoo!ショッピングは独自ショップと異なり、出店申込から審査が入るのですぐにショップは開けません。

 

それで、アカウントは保持していたものの今まで完全に放置していたのですが、少し前にきっかけがあったので管理画面をはじめ色々といじってみることに。

 

とにかく営業電話&メールがハンパない

するとどうでしょう。

今までアカウント自体はあるものの、放置していた頃はメールがちょくちょく来る程度だったのが、試しに2〜3の商品を登録して開店した瞬間、怒涛のような営業電話がかかってくるように。。
(一応、最低限のショップの動きはきちんと見てるようですね)

大量のメールに関しては、ほとんどの企業がそうなんであれですが、電話勧誘にはほとほと参りました。

 

本家Yahoo!の運営部隊からの電話はまだ理解できますが、何がウザいって、関連会社・代理店等からの勧誘電話です。

まったく聞いたことのないような会社の、話し方もちょっとナメたような感じの兄ちゃんたちから、色々とテンプレ的な営業トークを聞かされます。

 

とにかく有料プランへの誘導がマジぱねぇ

まぁ、無料で大手モールに参入できるんだから、あんま文句こいても仕方ないのは分かりますが、結局のところ、無料で利用させといて、肝心な部分はすべて有料オプションということにして、そっちに持って行こうとする空気がムンムンです。

  • 数多くあるショップ・商品の中から、ユーザーに自店を目立ちやすくする、いわば広告費的なやつ
  • ショップのデザイン構築はCSS初心者には難しく、デザイン作成を請け負う会社からの勧誘
  • ショップ構築できても、使い勝手が悪い機能を有料で使いやすくするためのオプション費

等々、デフォルトの無料バージョンでやってくには、かなりウザいシステムになっています。

 

カスタマイズがひっじょーにやりにくい

とりあえず僕は手元で作成できるので、トコトン無料で使う方針でいじっていたのですが、もうほんまあれでっせ、やってられんわ!って感じでした。

画像の一括アップロード(FTP)ができない

ネットショップで一番重要とも言われる画像の登録に関して、デフォルトのままでは一括して画像の上げ下ろしができないため、1個ずつ手動で画像を登録する必要があります。

やっとれるか!
→手持ちのサーバーに画像をアップしてそれを参照させる方法で対処

 

無料だとインラインCSSしか使えない

きょうびCSSは外部ファイルに記述して、読み込ませる方法が一般的、というか常識ですが、外部スタイルシートは有料。。

つまり、1箇所1箇所インラインCSSで対応。。

やっとれるか!
→はじめは少し懐かしくてコチョコチョ書いとりましたが断念。

 

とにかく更新内容の反映が遅い

商品画像を変えたり、本文を修正したりと更新するものの、それらが反映されるまでに30分くらいかかる。。

もうやっとれんわ!

 

あと何かあったかもですが、とりあえず管理画面は重いわ、変な会社からやたらテンション高い営業電話が掛かってくるわ、メール削除はめんどいわで開店したのも束の間、即座に退会することに。

 

退会がめんどくさい

もういいです。
ハイ。

いくら販売力があったとしても、もうアナタたちとは付き合いたくありません。

それで、退会申請を出そうと試みるも、該当のページがなかなか見当たらない。。。

はぁぁ。。

 

Yahoo!ショッピングの解約方法

いちおう書いておきます。
Yahoo!ショッピングの退会方法を。

結論から書くと、ネット上から直接アカウントの解約はできません。

そして、解約方法は大手IT企業なのに、書面をプリントアウト→手書きして、切手を貼って郵送する必要があります。

具体的な手順としては、管理画面から【ストアクリエイターpro】→【各種申請】→【解約手続き】→【解約通知書のPDFファイルをダウンロード&印刷】→【必要事項の記入】→【郵送】

といった超絶めんどいフローとなっています。

ちなみに書面は少しでも誤りの箇所があるとハネられるようなので、一字一句見落としなく書きましょう。

 

まとめ

いやぁ、もうまとめるもクソも、しっかり物販で食っていくんだ!くらいの意気込みがないならオススメできません。

『なんとなくネット販売するプラットフォームを1つ持っておく』くらいの認識の人にとっては、絶対オススメできません。

まぁ、Yahoo!側も販売手数料とかを収益源としているので、小遣い稼ぎ程度の出店者はむこうもお断りなのでしょうが。

とりあえず物販の間口を持っておくだけなら、登録費や月額費等が無料で利用できるBASEで良いかなと思います。

とにかく『タダほど高いものは無い』と改めて感じた時の話でした。

こんな記事もよければどうぞ!

プロフィール

niki

age
30+
gender
male

なんやかややっています。
趣味・日常・仕事のことなどを書いています。

© COPYRIGHT 2016 niki weblog